MENU TEL

Blog記事一覧 > トリガーポイント > 肩こりの7割は肩を揉んでも治らない! その原因のトリガーポイントってなに?

肩こりの7割は肩を揉んでも治らない! その原因のトリガーポイントってなに?

2016.09.24 | Category: トリガーポイント

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院より
頭痛・肩こり・腰痛でお困りなら、みやもと鍼灸整骨院のトリガーポイント療法におまかせください!

 

 

昨日までのブログでお話していたように、
簡単に血流を改善して肩こりを解消できたらいいのですが、そんなに簡単ではありませんよね。。。

 

頭痛や吐き気まで引き起こしてしまう肩こり。。。
ひどくなるとめまいまで引き起こされてしまう肩こり。。。
乳腺炎との関連性も指摘されている肩こり。。。

 

肩こりを感じたことのある人なら、無意識に肩に手を置いてしまっている自分に一度でも気づいたことがあるはず。

 

 

しかしその肩に、本当に問題があるのでしょうか?

 

 

なにをわけのわからんことを言っているんですか!?

 

と、あなたは思われるかも知れません。
無理もありません。。。
僕も実際に効果を実感するまではそう思っていました(笑)

 

そう、それがトリガーポイントなのです。

 

トリガーポイントとは、痛みやコリを感じる場所とは違う場所にある真の原因のことを言います。
例えば、肩こりの原因が腰の筋肉が原因ということもあるのです。
分かりやすく言うと、離れた場所にある本当の原因のことをトリガーポイントと呼びます。

 

筋肉のコリや痛みの7割は離れた場所、つまりトリガーポイントが原因と言われます。

 

実は筋肉はとても鈍感にできています。
筋肉には痛みを感じるセンサー(神経)が少ないのです。
筋肉にそのセンサーが多いと、すぐに筋肉痛になってしまって動くのも苦痛になってしまいます。いい鈍感力ですよね。
外敵から身を守るために痛みにとても敏感な皮膚とは違う構造になっているのです。
筋肉の痛みやコリの場所を明確にできない理由は、この鈍感力にあるのです。

 

痛みやコリを感じるのは脳です。
それを脳に届けるのは神経。
全ての神経は背骨の周辺にある脊髄を通って脳まで届けられます。
肩のコリ感も腰の痛みも、蚊に刺された腕のかゆみも、足の裏をコチョコチョされたくすぐったさも、全て脊髄を通って脳に届けられます。
つまり、同じ通り道を通るので、痛みを感じるセンサーの少ない筋肉からの情報を脳が他の場所からの情報と勘違いしてしまうのです。

 

これが痛みやコリの真の原因の7割は他の場所にある。
トリガーポインが形成されていることにつながるのです。

 

肩こりでツラいな~と思ってその場所を揉んでいても、改善できる確率はたったの3割しかないのです。
続けても良くならなかったわけがお分かり頂けたと思います。

 

そんなツラい頑固な肩こりの改善なら、トリガーポイント療法を行っているみやもと鍼灸整骨院へおまかせください。

doctor-1228629_960_720

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院は、頭痛・肩こり・腰痛などにとても効果のあるトリガーポイント療法を行っております。
そんなツラい症状をなんとかしたい方、みやもと鍼灸整骨院へおまかせください。あなたのお役にたちます。

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜