MENU TEL

Blog記事一覧 > ダイエット,トレーニング・ランニング > ダイエットやマラソンのやる気を持続させる簡単な方法

ダイエットやマラソンのやる気を持続させる簡単な方法

2016.10.07 | Category: ダイエット,トレーニング・ランニング

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院より

 

 

ダイエットやマラソンの練習に行き詰っていませんか??

 

僕は、、、
マラソンの練習に行き詰りました(笑)。

 

だって京都マラソン外れたんやもーーーん!!(完全な言い訳です。。。京都マラソン外れる前から、暑さに負けて練習できてませんでした、、、)

 

 

そんな僕みたいにあなたがならないように知識でお手伝い。

 

 

 

脳をやる気にさせることが、ダイエットでもマラソンでもやる気持続のカギ。
そのために2つのホルモンが大切。
それはドーパミンとセロトニンでっせ~。
というところまで昨日お話しました。

 

 

ではまず、ドーパミンを効果的に出す方法をご紹介!

 

 

 

実は、やる気は単純に作り出すことができるんです。
それは、報酬を与えてやればいいのです。

 

 

“「学力」の経済学”の著者 中室牧子先生も、
「子供に勉強させたければ、ご褒美をあげましょう」と言っています。

 

ご褒美によってやる気のシステムを刺激して、次につないであげるのです。

 

 

 

猿のドーパミン神経を調べた実験があります。

 

まず、猿の舌にジュースを落とします。
するとドーパミン神経の活動が高まります。
これで脳が強く快感を覚えます。

 

次にランプとボタンを用意します。
ランプの点灯に反応して猿がボタンを叩いたら、舌の上にジュースが落ちるようにします。
これを続けていると、猿の9割以上がボタンを押すようになりました。

 

ドーパミンの快感を猿が学習したのです。

 

このように報酬によって学習が強化されることを“強化学習”と言います

 

 

一定期間学習することで、快感の経験が積み重ねられていきます。

 

 

 

強化学習をダイエットで言うと、

 

ついつい毎日食べてしまうチョコレートを1日我慢したとします。
次の日に体重を計ったら体重が減っていたら嬉しいですよね。

 

次の日はポテトチップスを我慢したら、またまた体重が減っていた。

 

目に見えて体重が減っていくと快感が蓄積されていきます。
これが報酬によって得られる強化学習なのです。

 

 

 

これから京都マラソンに向けてトレーニングする方。
走りに行ったらビールが飲める。
などの報酬を与えてみると、練習が長続きしやすいですよ☆

 

 

 

しかししばらくすると“報酬”が効かないときがやってきます。。。

 

 

そんなときは・・・

 

また明日でーす⇒

monkey-1589175_960_720

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、ダイエットやマラソンに効果的なある方法をご紹介しています。
クリックして確認してみてくださいね☆

“ダイエットのページ”

 


“マラソン用インソールのページ”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜