MENU TEL

Blog記事一覧 > 妊活・不妊鍼灸 > 男性の不妊治療助成

男性の不妊治療助成

2016.12.15 | Category: 妊活・不妊鍼灸

【重要】みやもと鍼灸整骨院の妊活・不妊鍼灸のページは移転しました↓↓

そちらで妊活・不妊のブログは更新していますので、下のバナーをタップしてご覧ください。

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院より

 

 

昨日、京都新聞のこんな記事を目にしました↓

 

 

『滋賀県 男性の不妊治療助成、利用伸びず』

滋賀県は2015年度から、不妊治療に取り組む男性の経済的な負担を軽くするため、精巣などから精子を採取する手術を行った場合、1回につき上限5万円を助成する制度を開始。

2015年度に15件の利用を見込んだが、実際は9件。

2016年度も10月末現在で6件。

滋賀県は周知不足も一因と考えて、不妊治療助成制度をPRしている。

 

とのこと。

 

 

 

現在、不妊の原因の半分は男性側にあるとされます。

それを男性不妊と言います。

 

しかし不妊治療に真剣なのは女性が多く、

男性は「いつかできるだろう」と、

何気ない態度で不妊治療を乗り越えていこうと考えている方が多いと言います。

 

女性は出産のタイムリミットを本能的に感じており、1回の月経周期をとても大事に考えています。

 

本能や思考が女性と男性では別なので、すれ違いが生じてしまうのかもしれません。

 

 

不妊は夫婦でともに治療するという意識を持つことがとても大切。

 

 

男性不妊の原因は、精子に問題がある場合と性生活に問題がある場合の大きく2つに分けられます。

 

そのうちの精子に問題がある場合の「造精機能障害」が、男性不妊の9割以上を占めます。

 

精子の数が少なくなったり運動率が悪くなったり、重症の場合には精子がまったく作られないということもあります。

 

 

 

そういったことは自分では判断できません。

 

「自分は大丈夫」

と思わないで、女性と一緒に産婦人科の不妊外来か、泌尿器科を受診することをおススメします。

 

そんなときには不妊治療助成を活用するといいと思います。

現在では国の制度も始まっていますので、市役所などに問い合わせてみましょう☆

baby-22194_960_720

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では不妊鍼灸が受けられます。

くわしくはこちらをタップしてごらんください↓↓

“妊活・不妊鍼灸のホームページへ”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜