MENU TEL

Blog記事一覧 > トレーニング・ランニング > あなたも昔の僕と同じようにこんなふうにランニングシューズを選んでいませんか?

あなたも昔の僕と同じようにこんなふうにランニングシューズを選んでいませんか?

2017.01.05 | Category: トレーニング・ランニング

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院より

 

 

お正月は雨が降ることもなく、暖かくて過ごしやすかったですね。

お墓参りなども行きやすいお天気でした。

 

 

雨が降ってしまうと、僕の足元は困ってしまいます。

これといった雨靴を持っていません。

 

 

雨靴とは呼べませんが、今は使わなくなったテニスシューズを雨の日に使用しています。

 

もちろん耐水機能なんてついていません。

 

雨に濡れる用の靴です。

濡れる前提です(笑)

 

出勤の時は職場に着くと靴下を履き替えるってやり方です(笑)

 

 

 

そのテニスシューズは、5年くらい前に買いました。

 

きちんと靴のお勉強をする前です。

 

 

僕の足の大きさは25.5cmなのに、そのシューズは27.5cmあります。

 

当時はそれくらいの大きさの靴を好んで選んでいました。

 

29.5cmのナイキのエアフォースワンを履いていたこともあります。

ミッキーマウスくらい大きな足もとです(笑)

 

 

「足の横幅が広いから大きめの靴を選ぼう」

それが当たり前でした。

 

さらに

「男だし少し大きい方がかっこいいな」

と、スポーツする靴への考え方としては、意味の分からないかっこ悪いことを考えていました。。。

 

 

 

しかしコレ、、、

 

あなたもそうではありませんか??

 

 

 

テニスシューズもそうですが、ランニングシューズなど他のスポーツのシューズを選ぶとき。

 

あなたは足に合ったサイズのシューズをきちんと選べていますか??

 

 

「足の幅が広いから大きめの靴を選ぶ」

「マラソンを走ると足がむくむので、少し大きめのサイズを選ぶ」

「少し大きめの靴でないと足が痛くなる」

 

なんて考えていませんか?

 

 

これらの基準でシューズを選んでしまってはダメです!

 

 

 

ランニングシューズなどのスポーツシューズに、“大きめ”という余裕はいりません。

 

 

スポーツは足にシューズがフィットした状態でこそ、パフォーマンスを最大限に発揮できます。

 

 

 

余裕のある大きめの靴だと、靴の中で足が遊んでしまいます。

 

足の踏ん張りがききづらくなって、一歩目が遅れます。

靴の中で足が擦れて痛みが出ます。

 

大きめの靴が自分に合っているという考え方は、今すぐやめましょう。

 

 

ランニングをするランナーさん。

箱根駅伝の選手たち、かっこいいですよね。

選手たちのように軽やかに走りたければ、きちんと足に合ったランニングシューズを選ぶようにしましょう。

 

 

次回から、ランニングシューズの選び方のポイントをご説明しますね⇒

 

 

また、京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、ランニングやスポーツのパフォーマンスを向上させるインソールを作成できます。

詳しくはこちらをタップしてごらんください

“ランニング用のインソールのページ”

adidas-1867084_960_720

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜