MENU TEL

Blog記事一覧 > トレーニング・ランニング > 【重要】その習慣があなたのランニングを遅くしている

【重要】その習慣があなたのランニングを遅くしている

2017.01.09 | Category: トレーニング・ランニング

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院より

 

 

 

捨て寸(すてすん)

って言葉、聞いたことありますか??

 

 

それは

靴の業界でのおはなし。

 

 

捨て寸とは、

靴のつま先部分にある余り

のことです。

 

 

この捨て寸は靴には必要なものなのですが、いまいち世の中に浸透していない分、靴の大きさをややこしくしている原因と言ってもいいのかもしれません。

 

 

一般的に靴は、箱や靴に記載されているサイズよりも少し余裕を持って作られています。

 

わざわざ足長よりも少し大きめの靴を選ぶ必要はないのです。

 

 

もしもあなたが、靴を選ぶときに“少し大きめ”を意識して選ぶ習慣があるとしたら⇒

仮にあなたの足長が25.0cmだったとします。

少し大きさに余裕を持ちたいからと25.5cmを選んだとします。

実際に測ってみたら26.0cmでした。

すると、1cmも大きな靴を履いていることになります。

日常生活を過ごす靴はこれでいいかも知れませんが、非日常になるランニングの世界では大きすぎます。

ランニングのパフォーマンスを上げるには、その習慣は必要ありません。

 

 

実際に今履いているランニングシューズのインソールを取り出して、サイズを測ってみましょう。

img_20161227_172551

これが何度か出てきている5年前に買ったテニスシューズ。。。

 

サイズ表記は27.5cm。

中敷きの長さは28.0cmありました。

 

 

このように大体の靴が少し大きく作られています。

(最近の競技用のシューズはそのまんまの表記が増えてきている気がします)

 

 

この捨て寸の大きさは、靴のメーカーや靴のシリーズによって異なります。

 

なので、靴屋さんへ行って、試着してみて少し歩かせてもらいましょう。

 

実際にインソールを取り出して測ってみるのもいいですね。

 

そうしてフィットするのがあなたの足に合った靴のサイズです。

 

 

足に合った靴選びはなかなか大変なもの。

 

根気よく見つけましょう。

 

そしてフィットするランニングシューズが見つかったら、買い替えるときもそのシリーズを選ぶといいでしょう。

 

シリーズが同じであれば、新商品であっても同じような作りになっているはずです。

 

 

 

5回にわたってお送りしてきたスポーツシューズの選び方。

 

これからのシューズ選びに参考にしてもらえると幸いです☆

 

ランニングシューズなどのスポーツシューズには“大きめ”という余裕はいらないのです!

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、ランニングやスポーツのパフォーマンスを向上させるインソールを作成できます。

詳しくはこちらをタップしてごらんください

“ランニング用のインソールのページ”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜