MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院、整骨院 > こんなときには整骨院や接骨院で健康保険が使えます

こんなときには整骨院や接骨院で健康保険が使えます

2017.01.18 | Category: 接骨院、整骨院

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院より

 

 

 

京都の祇園にある、とある町家を改装したお店にて。

 

 

そこは、外観は昔ながらの町家。

しかし店内に入ると、とてもオシャレな今風な作りになっていました。

 

 

 

店内に入り、待合室のようなところに案内していただきました。

 

その待合室から、5段くらいの短い階段を降りるとお手洗いがあります。

 

↓この写真の階段で、曲がったところくらいからの短さです。

stairs-1909162_960_720

 

 

 

 

奥さんが、

「ちょっとトイレ行ってくるわ」

と、いつもの十津川弁で僕に言い、トイレに向かいました。

 

 

 

僕はテーブルに置いてあったお店のパンフレットに目を通していました。

 

 

 

 

すると隣に座っていたお客さんが、

「あっ!!!!!!!」

と叫びました。

 

 

僕は思わず顔を挙げてしまいました。

 

 

 

目に飛び込んできたのは、横向きにでんぐり返りをするかのように、2回3回とゆっくり回転して階段を転がっていくうちの奥さんです。

 

そして地面に倒れました。

 

町家を改装したせいか、階段の幅が少し狭くて足を取られて転んでしまったのです。

 

 

「大丈夫か!?」

 

僕はすぐに駆け寄りました。

 

 

しかしすぐに笑いがこみ上げてきました(笑)

 

 

奥さんが泣きそうになりながらも、笑いをこらえきれずにくすくす笑っていたのです。

 

 

頭と膝をぶつけたものの、大事には至りませんでした。

 

 

僕も本当に心配ではあったものの、転んでいく様がとてもゆっくりで、いつも動きがのんびりな奥さんなので、転んでいくときまでもゆっくりなのかと笑いをこらえながら

「大丈夫か!?」

と駆け寄っていたので、大丈夫とわかると安心な気持ちと思い出し笑いで笑いがこみ上げてきました。

 

 

 

しかし、

5段くらいの短い階段だったので本当によかったです。

 

 

 

こんなふうに階段から落ちたり、雪で滑って転んだり、自転車で転んだなど。

こんなときには整骨院や接骨院では健康保険が使えます。

肩こりや慢性的な腰痛には健康保険は使えません。このような症状に健康保険を適用してしまうと、不正請求になってしまいます。

適切な治療院選びを心がけましょう。

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、療養費の適正化に取り組んでおります。

肩こりや慢性的な腰痛や膝の痛みには、自費治療をおこなっております。

詳しくはこちらの“料金表のページ”をタップしてご覧ください。

 

 

PS. この日のこの店内では、奥さんが階段を降りるたびに、店員さんから「大丈夫ですか? 気を付けてください」と声をかけられていました。しかも毎回(笑)

 

 

PPS. しかしほんまに無事でよかったです☆

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜