MENU TEL

Blog記事一覧 > 産後骨盤矯正 > 出産後の尿もれをケアする2つの体操

出産後の尿もれをケアする2つの体操

2017.02.01 | Category: 産後骨盤矯正

京都の長岡京市、向日市の、みやもと鍼灸整骨院より

 

 

仕事柄、僕はたくさんの出産後の女性を施術してきました。

 

出産後の身体に関する悩みを聞くと、多くの女性がこれらを挙げます⇒

・下腹のたるみや、太くなった太ももなどの体型に関すること

・思いどおりに体重が戻らないこと

・骨盤がゆがんでいないか心配

などなど。

 

 

妊娠中の10ヵ月をかけてゆっくりと変化してきた身体。

出産して少しづつ妊娠前の状態に戻る過程では、いろいろなトラブルが起こります。

 

 

そんな中で決して見落としてはいけないのが、尿もれ

出産を経験したママさんのうち20.7%が尿もれに悩まされているというデータがあります。

 

「切れが悪くなった・・・」

 

というおはなしをお伺いすることもあります。

そのようなトラブルも含めると、もっと多くの産後女性が尿のトラブルに悩まされているのではないかと思います。

 

 

◇尿漏れが起こる原因

実際には妊娠中から悩む女性もおられますが、多くの場合は出産直後~産後3カ月ごろに症状があらわれます。

 

くしゃみや咳、椅子から立ち上がるなど、お腹に少し力を入れただけで起こることが多いようです。

 

原因は妊娠や出産によって、膣や肛門周りの筋肉が伸ばされたことにあります。

最近注目されている“骨盤底筋群”が特に重要です。

 

骨盤底筋群は骨盤の底にあります。

よく「ハンモックのように、膀胱や直腸を支えている」と表現されます。

骨盤を上から見た図です↓

産後骨盤矯正プレゼン

この筋肉が出産後は伸びきった状態になっているため、膀胱や尿道の筋肉もゆるんでいます。

これが少しの刺激でも尿もれが起こってしまう原因になります。

 

 

◇2つの簡単な体操

尿もれ対策に一番効果があるのが体操です。

体操と言ってもとっても簡単なので安心してくださいね(^◇^)

 

 

①まずは骨盤底筋を鍛える体操⇒

おしっこを我慢したことありますよね?

それをします。

 

おしっこをがまんする要領で肛門周りの筋肉を、

キュッ

と締めてゆっくり5秒数えます。

 

これを何度か繰り返すだけ。

 

慣れない最初のうちは10回でもOK。

慣れてきたら1日30回以上を目標にしましょう。

 

この体操は家事しながらでも、赤ちゃんをあやしながらでもできるのでとっても簡単です♪

 

 

②インナーマッスルを鍛える体操

もうひとつは体幹の深いところにある筋肉を鍛えます。

これもとっても簡単です♪

 

このやり方は、こちらをタップしてご確認ください。

↓↓

“出産後の骨盤に効果的なとっても簡単な体操”

 

 

京都府長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院では、尿もれ対策にもとても効果のある機械を使用した“産後骨盤矯正”をしています。

出産後の骨盤は、みやもと鍼灸整骨院におまかせください!

本当に多くの出産後のママさんの骨盤ケアをしてきました。

喜びのお声も多数掲載しておりますので、こちらをタップしてご確認ください。

↓↓

“産後骨盤矯正のページ

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜