MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故に多いむち打ち損傷って??

交通事故に多いむち打ち損傷って??

2017.02.16 | Category: 交通事故

昨日からの続きです。

昨日のブログを読んでいない方はこちら

↓↓

“転倒と交通事故とむち打ち”

 

 

こんにちは。

京都の向日市、長岡京市のみやもと鍼灸整骨院院長の宮本です。

 

 

“むち打ち損傷”とはなんでしょう…

 

標準整形外科学では、

【追突事故により頸椎が過度に伸展し、次いで反動で屈曲して生じる】

 

つまり、

首から頭までがムチのようにしなって起こるケガ、ということ。

 

 

 

【むち打ち損傷 whiplash injury】

元々は、1928年にアメリカ軍の艦載機・カタパルトを急発進させたときに起きやすいものとして、提唱された病名らしく。

日本でも車社会の到来とともに交通事故が多くなって、“むち打ち症”という診断名が使われるようになったそうな。

 

 

 

もうひとつ言うと、定義もあります↓↓

「(長々とあって)・・・X線撮影上、脱臼や骨折があきらかでないもの

とのこと。

 

 

 

骨折や脱臼がないってことは大したものじゃない。

なんて印象を受けてしまいますよね。

 

 

しかし、

むち打ち損傷はめちゃめちゃ複雑なんです。

 

 

 

最も複雑なのは、後遺症とされています。

 

なぜなら・・・

 

 

 

・・・あんまり長くなり過ぎないように、次回にしますねm(__)m

 

 

京都府長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院では、交通事故治療が受けられます。

十分に注意していたとしても、もしも交通事故に遭ってしまったら早めの治療が肝心です。

たかがむち打ちと思わずに、早めにご連絡ください。

病院と一緒に通院できるので、安心です。

詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓

“交通事故治療のページ”

 

みやもと鍼灸整骨院の

Instagramはコチラですよん←Follow Me!!

Facebookはコチラですよん←いいね!!

限定キャンペーン開催中です☆★☆

よろしくお願いします(^^♪

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜