MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > すいません! 交通事故で起こりやすいむち打ち損傷の後遺症をご紹介する予定でしたが、、、

すいません! 交通事故で起こりやすいむち打ち損傷の後遺症をご紹介する予定でしたが、、、

2017.02.17 | Category: 交通事故

先日より、むち打ち損傷と交通事故についてお話しをしています。

先日のブログをまだご覧になっていない方はこちらをタップしてご覧ください。

↓↓

“転倒と交通事故とむち打ち”

 

 

昨日、いっちょまえに

「後遺症については次回書きます」

みたいなことを言ってしまいましたが、

すいません!!

 

 

まず、

むち打ち損傷の症状にはどんなものがあるか?

をお話するほうが先でした。。。

 

 

そんなどこか抜けている、(ポンコツになりつつある)

京都の向日市、長岡京市の、みやもと鍼灸整骨院院長の宮本です。

 

 

 

“むち打ち損傷”と、ひとことで言っても医学的には4つに分類されています。

・頸椎捻挫型

・頸神経根症状型

・バレー・リュー症状型

・脊髄症状型

 

 

①頸椎捻挫型(けいついねんざがた):頭痛、首の痛み、首の動かせる範囲が制限される。

 

②頸神経根症状型(けいしんけいこんしょうじょうがた):後頭部、首、背中、腕から指にわたる痛みやしびれ、こり、脱力感など。

 

③バレー・リュー症状型:頭痛、頭が重たい感じ、めまい、耳鳴り、難聴、吐き気や嘔吐、眼の痛みなど。

 

④脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた):手や足の麻痺、歩行障害、筋力が弱くなる、力が入りにくい、おしっこや便がいつもと違うなど。

 

 

こうやって挙げてみましたけど、

すごいいっぱい!!

 

かるい交通事故によるむち打ち損傷でも、これだけの症状が現れる可能性があるのです。

 

交通事故を起こしていずれかの症状が現れた場合、首が痛くなくても、病院では「むち打ち損傷からかもやね」と言われるでしょう。

交通事故のあとは必ず病院を受診するようにしましょう。

 

 

まあいろいろ症状はありますが、最も代表的な症状としては。

交通事故などむち打ちを起こした翌日、首の痛みや頭痛を自覚したり、首が動かしにくいなどの動きの制限を感じる。

または吐き気や嘔吐をしてしまうこともあります。

 

 

 

これだけ症状があって、とても複雑なむち打ち損傷。

症状も複雑ですが、後遺症がこれまたやっかいです。

次回こそは後遺症をご説明します。

 

 

みやもと鍼灸整骨院の

Instagramはコチラですよん←Follow Me!!

Facebookはコチラですよん←いいね!!

限定キャンペーン開催中です☆★☆

よろしくお願いします(^^♪

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜