MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院、整骨院 > こんな接骨院や整骨院に通ってはいけません

こんな接骨院や整骨院に通ってはいけません

2017.02.22 | Category: 接骨院、整骨院

¥570,000,000。

 

見たこともない金額です。

 

 

単位を付けると、

5億7千万円。

 

 

2014年までの5年間で接骨院や整骨院で不正が判明し、返納された療養費の金額です。(厚生労働省)

 

 

不正の代表的な例はこちら↓

①実際には施術していない日も施術したとして、施術日数を増やすケース。

②本当は1カ所のケガなのに、3カ所負傷したとして部位数を多く請求するケース。

③本来なら保険適用されない肩こりなどを、打撲や捻挫を繰り返していると偽って請求する“部位転がし”のケース。

 

 

 

先日、当院に指を痛めた患者様が来院されました。

(詳細な部位や院名は伏せておきます)

 

約2週間前に負傷したのですが、未だに少し赤くなって腫れていました。

それでもまだ腫れはマシになったほうらしく。

当院に来院される前に、これまでに通っていた接骨院(整骨院)様を受診されたそうです。

 

そちらの院様へはずっと肩こりで通っていました。(上記の③に該当します)

いつどんな症状で行っても、毎回500円だそうです。(上記の②に該当します)

 

 

指を負傷したあとにも受診しました。

 

しかし特に詳細を聞かれることなく、

「こんな運動をしておけば治る」と、指の運動を指導されました。

 

かなり腫れがあって動かすのも痛いのに。

その日の施術ももちろん肩こりです。指が痛いのに。

 

 

それでも患者様は、

「先生がそう言うなら」と、言われた体操をします。

 

 

治るどころか、痛みは悪化します。

 

 

院様を訪れた段階では、まだ固定をして動かさないようにすることが望ましかったように思います。

ケガの初期から動かすという治療法もあります。

もしそれを狙ったのだとしても、患者様にケガの詳細を聞くべきでしょう。

 

 

 

なんのために勉強して国家資格を取ったのですか?

患者様の身体を押すために取ったのですか?

 

肩を押すのが治療家ではありません。

患者様の痛みをとって、生活の質を向上させるのが治療家です。

 

 

当院は不正請求に関与しませんし、他院様のことをどうのこうの言うつもりはありません。

しかし診るべきところはきちんと診ましょう。

本質を見失ってしまってはいけないのではないでしょうか。

 

 

まだまだ多くの患者様が、接骨院や整骨院の現状を知りません。

 

 

あなたの保険証が不正に使われているかもしれません。

ここまで読んでくださったことを機に、正しい整骨院選びをしましょう。本当に。

※肩こりは保険適用されないことを知っていながら整骨院を受診し続けていると、患者様でも罪を問われることがあります。

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院は、厚労省認可の整骨院として不正請求をいたしません

接骨院や整骨院で保険が適用されるのは、打撲・捻挫・挫傷・骨折・脱臼に限ります。

“急に起きたケガ“って思ってもらえるとわかりやすいと思います。

その他の症状は保険適用外で、自費での施術とさせていただいております。

詳しくは“料金表”をご確認ください。

みやもと鍼灸整骨院の

Instagramはコチラですよん←Follow Me!!

Facebookはコチラですよん←いいね!!

限定キャンペーン開催中です☆★☆

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜