MENU TEL

Blog記事一覧 > 足のトラブル > O脚をなんとかしたい。バレエダンサーが選んだ靴の中敷き

O脚をなんとかしたい。バレエダンサーが選んだ靴の中敷き

2017.03.05 | Category: 足のトラブル

京都の長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院より。

 

 

開院時より通っていただいている72歳の女性。

 

 

50歳頃に、

新しいことにチャレンジしたい。

とのことで、バレエを始めました。

 

子供の頃からずっとずっとバレエはしたかったのですが、

「一昔前までのバレエは上品な家の子しかできなかった」

との理由で、大人になってお子さんが手を離れてからのチャレンジになりました。

 

 

それからはバレエが楽しくて楽しくて、人生の一部のようになりました。

 

バレエのために姿勢を見直し、バレエのために家で体操をし、バレエのためにウォーキングもする。

 

「バレエをしてなかったら人生つまらない」

とまで仰るくらい。

 

 

バレエを意識する生活で、毎日自分の身体と向き合うようになりました。

だからこそ、身体の変化にもとても敏感です。

それがほんの少しの変化だったとしても。

 

 

立ったとき、両膝の間に少し隙間ができます。

これが広いとO脚になります。

 

バレエの上手なダンサーはこの隙間がありません。

両膝がピタッとくっつくのです。

 

患者様はピタッとくっつかないまでも、もう少し両膝の間が狭かったらしく。

それがほんの少し広がったようです。

 

外見上はわからない程度ですが、ご本人としては大きな身体の変化です。

 

 

 

これ以上広がらないようにするために、患者様が注目したのが靴の中敷きでした。

とてもストイックな方なので、O脚を正す体操や姿勢を意識することは日々行っています。

それ以上に行えることとして、靴の中敷きを選ばれたのです。

 

 

とてもいい選択だと思いました。

 

ウォーキングもされるので、そのウォーキングシューズにO脚を補正するように作成した靴の中敷きを入れます

ウォーキングすることで運動にもなるし、O脚を補正するための筋肉を鍛えることもできます。

 

 

 

バレエにとてもストイックな患者様。

僕は靴の中敷き作成にとてもストイック(自称笑)。

 

 

靴の中敷きを作成するときは、歩行や立ち方も分析します。

 

歩くとき、やや右腕の振りが左より大きいと分析しました。

ほんの少しです。

しかしこの微妙な左右差だけでも、身体のバランスは変化します。

 

特にバレエなど、身体に敏感な方には大きく影響します。

 

そんな微妙な左右差ももちろん僕は分析します。

だって靴の中敷きを作るのにストイックですもん。(ストイックって言いたいだけ笑)

 

 

 

靴の中敷きは、1回合わせただけでうまくいくことはほとんどありません。

なぜなら僕のイメージと、実際に履いてもらった患者様の感覚とは必ず違うからです。

 

靴の中敷きのパーツを何度も調節して、この感覚のずれを擦り合わせていきます。

 

1回作成して終わりってわけにはいきません。

なので、うちでは患者様が納得のいく中敷きができるまでお代はいただいておりません。

 

 

最近、

「あなたの足に合わせたものだから」

などという理由で靴の中敷き作成が10万円くらいするところが増えてきているようです。

たしかにそれくらいの価値はあると思います。

が、、、高い。。。

そして10万円もせずに作れます。

僕の靴の中敷きの師匠でも約25,000円で作成されています。プロスポーツ選手やオリンピック選手にも作成されている先生です。

うちでは15,600円(1足目)です。

 

 

靴の中敷き作成には本気でストイックになる、

京都の長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院が作る靴の中敷き。

ランニングシューズだけでなく、ビジネスシューズやスニーカー、ハイヒールまで。なんにでも作成することができます。

詳しくはこちらをタップしてご覧ください

↓↓

“靴の中敷きのページ”

 

みやもと鍼灸整骨院の

Instagramはコチラですよん←Follow Me!!

Facebookはコチラですよん←いいね!!

限定キャンペーン開催中です☆★☆

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜