MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 道路交通法の改正

道路交通法の改正

2017.03.14 | Category: 交通事故

ぎょえっ!! いつの間にこんなふうに変わったの!!??

 

と思うことはたくさんありますよね。

 

 

こんにちは、京都の長岡京市・向日市の、

みやもと鍼灸整骨院院長の宮本です。

 

 

3月12日より

“改正道路交通法”がスタートしましたよね。

 

 

僕は、その日の朝のニュースで知りました。。。

 

 

 

主な改正点として、

高齢者運転対策の推進(75歳以上の高齢者の運転に関する内容の変更)

が挙げられます。

 

 

現行では、75歳以上の方が免許の更新をする際、認知機能検査を受けなくてはなりません。

これは3年に1回の免許の更新の際に受けることになっています。

 

 

今回の道路交通法の改正では、

“75歳以上の運転者が運転免許証の更新時以外でも、一定の違反があった場合には、臨時認知機能検査を受けること”

が追加されました。

 

 

これは認知機能検査を受けるタイミングが増えることになります。

認知機能は3年を待たずに低下する恐れがあるためです。

 

 

一定の違反とは、

・信号無視

・通行禁止違反

・遮断踏切立ち入り

などの18項目からなります。

 

どれも交通事故につながるものばかりです。

 

 

平成17年から平成27年までの交通事故による死亡事故件数は年々減少しています。

しかし75歳以上の運転者による交通事故死亡件数は横ばいです。

全体に占める割合としては増加していることになります。

 

そして75歳未満の運転者に対して、75歳以上の運転者の死亡事故率は約2倍となっています。

 

 

こうした背景から、今回の道路交通法の改正に至ったようです。

 

 

 

免許証の更新に来た75歳以上の方は全員

「運転には自信があります」

と言うそうです。

 

 

しかし実際に実車指導をすると、とてもとても不安定だそうです。

それでもご本人はその運転でこれまで運転してきているので、自信満々に問題ないといった表情だそう。

 

 

 

ニュースで毎日のように見る

“高齢者による交通事故”。

 

 

75歳以上の方でも運転が問題なくできる方もたくさんおられます。

しかし認知機能が低下しながらも運転している方がおられるのも事実。

 

 

今回の道路交通法の改正は仕方ないところもあるのかも知れませんね。

 

 

京都の長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院では、交通事故治療が受けられます。

十分に注意していたとしても、もしも交通事故に遭ってしまったら早めの治療が肝心です。

病院と一緒に通院できるので、安心です。

詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓

“交通事故治療のページ”

 

 

みやもと鍼灸整骨院の

Instagramはコチラですよん←Follow Me!!

Facebookはコチラですよん←いいね!!

限定キャンペーン開催中です☆★☆

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜