MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 高齢者の交通事故を防いでくれるチェックリスト30

高齢者の交通事故を防いでくれるチェックリスト30

2017.03.15 | Category: 交通事故

うちの父は今年で65歳になります。(たぶん…)

工務店を営んでいるので、ほぼ毎日車を運転します。

 

 

少し目が悪くなってきているのか、

「夜の運転は危ない」

と言うようになりました。

 

 

こんにちは、

京都の長岡京市・向日市の、みやもと鍼灸整骨院院長の宮本です。

 

 

昨日もお伝えしました“道路交通法の改正”

 

75歳以上の方の交通事故を未然に防ぐ目的での改正。

 

仕方ないところもあると思います。

 

 

 

それでも重大な交通事故はおきてしまうことでしょう。

 

それを起こさないようにするためには、本人の自覚と周りがどれだけその人を見られるか、が大事になってくると思います。

 

 

NPO法人の高齢者安全運転支援研究会では、

“運転時認知障害早期発見チェックリスト”というものを発表しています。

 

自動車の運転は、視力や聴力、筋力、そして認知力など、様々な能力を発揮しなくてはなりません。

加齢とともにこれらの能力は低下してしまいます。

 

本人は大丈夫と思っていても、周りがよく観察すると、能力の低下が明らかになることもあります。

 

そこで運転時に表れやすい状態をまとめた“運転時認知障害”を提唱されました。

 

そこには、

・車のキーや免許証などを探し回ることがある

・今までできていたカーナビやカーステレオの操作ができなくなった

・道路標識の意味を思い出せないことがある

・よく通る道なのに曲がるところを間違えることがある

・アクセルとブレーキを間違えることがある

・反対車線を走ってしまった

・気が付くと先頭を走っていて、後ろに車列が連なっていることがよくある

 

などの事柄が30項目。

この30項目のうちの5項目でも当てはまれば要注意。

 

毎年ご自身でチェックを行うか、周りの方がチェックしてあげるかして、チェック項目が増えるようなら医師や専門機関の受診がすすめられています。

 

 

チェックリストはこちらをタップしてご確認ください↓↓

【運転時認知障害早期発見チェックリスト30】

(NPO法人の高齢者安全運転支援研究会様のHPへ飛びます)

 

 

 

65歳になる父に目を向けるのも僕の役目なんでしょうね。

京都の長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院では、交通事故治療が受けられます。

十分に注意していたとしても、もしも交通事故に遭ってしまったら早めの治療が肝心です。

病院と一緒に通院できるので、安心です。

詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓

“交通事故治療のページ”

 

 

みやもと鍼灸整骨院の

Instagramはコチラですよん←Follow Me!!

Facebookはコチラですよん←いいね!!

限定キャンペーン開催中です☆★☆

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜