MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 自転車安全利用五則

自転車安全利用五則

2017.04.09 | Category: 交通事故

最近どこを歩いていてもよく見かける。
家から院までの通勤15分の間でも見かけることがある。先週は3回も見かけました。(うち、一回は五辻の交差点でのバイク事故、、、)

 

 

良く見かけるのは良いことなんですけどね。それだけ巡回してくれていて市民の安全を守ってくれているのですから。
ただ、見かけると、、、ドキッとしてしまう。。。何も悪いことしてないのに。交通ルールもちゃんと守っているのに。。。

 

 

 

もうおわかりですね?

 

 

そう、パトカーです。

 

 

 

シートベルトをして法定速度内で車を運転していても見かけるとドキッとしてしまう。
パトカーの周りを並走することになると、つい速度を緩めて先に行ってもらうようにしてしまう、、、
そんな京都の長岡京市、向日市の接骨院・整体院のみやもと鍼灸整骨院院長の宮本です。

 

 

 

現在、春の全国交通安全運動ですよね。
4月6日~15日までとのこと。

 

しかも明日、4月10日は“交通事故死ゼロを目指す日”。
毎日、交通死亡事故が発生している現代社会。国民ひとりひとりが交通ルールを守り、交通マナーを実践して交通死亡事故をなくす日とのこと。

 

春の全国交通安全運動のひとつの運動ですが、意識を高めるのには大切な日ですよね。

 

 

その春の全国交通安全運動のスローガン(?)が、
“子供と高齢者の事故防止 ~事故にあわない、おこさない~”

・歩行中、自転車乗用中の交通事故防止(自転車については特に自転車安全利用五則の周知徹底)
・後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶

です。

 

 

・・・自転車安全利用五則

ご存知でしたか??

 

 

僕は自転車に乗ります。
自転車に関する交通ルールが厳しくなったとか、自転車は“軽車両”になるので事故をしたとき損害賠償などになる。なんてことは知っていました。

 

が、自転車安全利用五則があるのは知りませんでした。。。

 

 

 ①自転車は、車道が原則、歩道は例外
 ②車道は左側を通行
 ③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 ④安全ルールを守る
 ⑤子供はヘルメットを着用

 

これが自転車安全利用五則なんですって。

 

 

ちゃんと調べてみると勉強になります。

 

 

勉強になったので、次回お話ししようかと思います。

 

 

京都の長岡京市・向日市の接骨院、整体院のみやもと鍼灸整骨院では、交通事故治療が受けられます。
自転車事故が多くなっている昨今、ひとりひとり安全運転を心がけましょう。
詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓
“自転車事故治療について”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜