MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 自転車で2人乗りをしていいとき

自転車で2人乗りをしていいとき

2017.04.12 | Category: 交通事故

ガッシャーーーンンン!!!

 

 

こんにちは。京都の長岡京市、向日市の接骨院・整体院のみやもと鍼灸整骨院院長の宮本です。

 

 

僕の実家は高槻市なのですが、阪急電車の上牧駅になるので、まぁ田舎です。

 

コンビニも居酒屋も最近までなかった。びっくりドンキーとコーナンとGUがあるのが自慢です。

 

 

まぁ田舎なので、平和なんです(笑)

 

中学生もやんちゃな子はそれほどいません。

 

 

 

先日、上牧に帰りました。

 

上牧駅から実家までの15分の道のりを歩いて帰っていました。

 

 

前方から自転車が2台並んで走ってきました。

 

近くまで来てわかったのですが、中学生らしき少年が肩を組んで自転車で走っています。
肩を組んだまんま自転車をこいでいるのです。

 

 

「え!? 大丈夫か? このこたち。」

 

危険ってのもあるし、若すぎることにも心配してみたり。。。

 

 

僕の横を通り過ぎて、10秒も経たなかったと記憶しています。

 

 

ガッシャーーーーンンン!!!

 

まあ見事に転倒していました。

 

少ししたら起き上がっていたのでケガは大したことなさそうでしたが、、、

 

平和でしょ。上牧。

 

 

 

このエピソード、2万円以下の罰金または科料 です。

 

 

先日からお伝えしている“自転車安全利用五則”の
 ④安全ルールを守る によると。

 

 ・並進の禁止 とあります。
【並進可】の道路標識があるところ以外では、他の自転車と並んで走ることは出来ません。自転車事故の原因になってしまいます。

 

 

他にもこんなのがあります。

 ・飲酒運転の禁止・・・5年以下の懲役または100万円以下の罰金
 ・夜間はライトを点灯・・・5万円以下の罰金
 ・信号遵守・・・3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
 ・交差点での一時停止、安全確認・・・3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
 ・2人乗りの禁止

 

 

この2人乗りの禁止については、例外があります。

でないと、多くのママさんが困りますよね。。。

 

 

運転者が16歳以上で次の場合には2人乗りや3人乗りが許されています↓↓

2人乗りできる場合…
 ・6歳未満のお子さんを幼児用座席に乗せている場合
 ・4歳未満のお子さんをひもなどで確実に背負っている場合

 

3人乗りできる場合…
 ・幼児2人同時乗用自転車の幼児用座席に6歳未満のお子さんを2人乗せる場合
 ・幼児2人同時乗用自転車の幼児用座席に6歳未満のお子さんを1人乗せて、4歳未満のお子さんをひもなどで確実に背負っている場合

 

ですて。

 

 

お母さんってやっぱりすごいな~僕は怖くてよう乗せれない。。。

なんて思っていた自転車。

 

こんなに年齢でも細かく制限されていたんですね。

 

知らなかったーーー。

 

 

 

決して自転車で肩を組んで並走しないように!

 

京都の長岡京市・向日市の接骨院、整体院のみやもと鍼灸整骨院では、交通事故治療が受けられます。
自転車事故が多くなっている昨今、ひとりひとり安全運転を心がけましょう。
詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓
“自転車事故治療について”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜