MENU TEL

Blog記事一覧 > 産後骨盤矯正 > 近年増えている帝王切開でも、痛みなく受けられる産後骨盤矯正

近年増えている帝王切開でも、痛みなく受けられる産後骨盤矯正

2017.06.22 | Category: 産後骨盤矯正

みやもと鍼灸整骨院は開院してまだ1年ちょっとですが、本当に多くのママさんが出産後の骨盤矯正を受けに来院してくださっています。
おかげさまで、京都だけでなく大阪や滋賀からも来院してくださるほどになりました。

 

当院を選んでくださった理由をお伺いすると、大体のママさんがこう答えてくれます。

  • ・赤ちゃんと一緒に行ける
  • ・半個室で安心できる
  • ・骨盤周りの数字を目安にするのでわかりやすい
  • ・料金や回数が分かりやすい
  • ・帝王切開でも痛くない

身体に不調があってもなかなか通院できないママさんも多くおられるので、少しは世の中の役にたててるのかな~と嬉しくなります☆

 

 

みやもと鍼灸整骨院の産後骨盤矯正は、帝王切開でご出産されたママさんからも大変喜ばれています。

「出産後の骨盤矯正を受けたいけど、帝王切開での傷口が痛そう」
「他の整体を受けに行ったら、傷口が痛かった」

という不安だったお声をたくさん聞きます。
当院の整体はボキボキしないので痛くありません。

 

こちらの帝王切開でご出産されたママさんからも喜びのお声をいただいています。

 

『帝王切開の出産だったので傷口が痛くて産後ベルトが出来ず…。すごくていねいで1度受けただけで腰痛もマシになってきました。骨盤も今のところ2.2cm縮んで順調です』

M・K様 37歳 産後骨盤矯正5回時点のお声
骨盤周り96.2cm ⇒ 93.9cm
%e7%94%a3%e5%be%8c%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e7%9f%af%e6%ad%a3-%e2%84%96227-m%e3%83%bbk%e6%a7%98

帝王切開での出産は増加傾向

これまで日本は欧米に比べて帝王切開は少なかったのですが、近年は帝王切開での出産率が高まっています。
2014年の統計をみると、総出産数100万人のうち約20万人が帝王切開で出産しています。
5人に1人が帝王切開で生まれている計算になります。

 

なぜここまで帝王切開率が高まったのでしょうか?

 

帝王切開には以下の2つのケースに分けることができます。

  1. 明らかに帝王切開にすべきだという白黒はっきりしたケース
  2. 医師によっては判断が分かれるグレーゾーンのケース

 

 

近年の変化として、このグレーゾーンでの帝王切開率が高まっていることが挙げられるようです。

 

 

例えば、逆子。
頭の次に大きいお尻が先に出てくる姿勢なら、自然分娩でうまくいく可能性は高い。
しかし足など小さな部位が先に出てくるようだと、ほとんどが帝王切開になります。
帝王切開の方が安全性が高いというデータや、帝王切開のほうが医療訴訟になりにくい傾向から、帝王切開を選択するお医者さんは増えてきています。

 

どんなときに帝王切開になりやすいの?

帝王切開になる理由はたくさんあります。
事前に決定して行う場合は【予定帝王切開】。
出産中に急きょ切開する場合は【緊急帝王切開】になります。

 

予定帝王切開になる場合

■逆子

 

■帝王切開や子宮の手術歴がある…

陣痛中に子宮破裂を起こす心配がある。
ただ、前回が帝王切開だったからと言って、次も必ず帝王切開になるわけではありません。
VBACと呼ばれますが、帝王切開後でも自然分娩は可能です。

 

■双子以上

以前は自然分娩が主流でしたが、最近は帝王切開になるケースが増えてきています。
2人目だけ帝王切開になる場合もあります。

 

■子宮筋腫

高齢出産で特に増加します。
場所が子宮の近くだったり、筋腫自体が大きい場合は帝王切開がすすめられます。

 

■前置胎盤

通常は子宮の上の方につくはずの胎盤が、下についてしまい、子宮の出口にかかってしまう場合。

 

■妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

軽症の場合は自然分娩で経過を観察することが多くあります。
しかし重症の場合は予定帝王切開の適応となります。

 

 

緊急帝王切開になる場合

■胎児機能不全

陣痛中、赤ちゃんの心音が弱くなってしまうこと。

 

■難産

微弱陣痛などでお産が進まず、母親が疲れきってしまうことがあります。

 

■児頭骨盤不均衡

赤ちゃんの頭が母親の骨盤に比べて大きすぎたり。
ただ、出産前にレントゲン検査から予測がたてられるので、予定帝王切開になる場合もあります。

 

■回旋以上

赤ちゃんは骨盤の中で回りながら下りてくるのですが、赤ちゃんが回ってくれない場合。

 

 

自然分娩を希望していても、胎児や母体の状態によって帝王切開になったり。
帝王切開は誰にでもあり得ることです。
妊娠から出産まで、いろいろな可能性を考えておくことも必要になるのだと思います。

 

 

京都の長岡京市、向日市の整体院・接骨院のみやもと鍼灸整骨院では、帝王切開のママさんでも痛みなく安心して出産後の骨盤矯正を受けていただけます。
詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓
“産後骨盤矯正のページ”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜