MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故で仕事がツラくなってしまった患者様のおはなし

交通事故で仕事がツラくなってしまった患者様のおはなし

2017.09.07 | Category: 交通事故

もしもあなたが今、ケガをしてしまって仕事や家事ができなくなってしまったらどう思いますか?

 

 

僕が今、交通事故などでケガをしてしまって働けなくなったら…。

 

来院してくださっている患者様が困ります。
誰かの役に立てなくなるとお給料はもらえませんから、うちの妻が困ります。
ケガが長引いてしまうと、生活費を頼らなくてはいけないので、うちの親が困ります。

 

 

 

 

ぎょええええーーー!!!

これを今書いていて、想像したら本当に怖くなってきた!!!
(“ひ、ひ、左目が、、、”以来、僕の顔で笑いをとってなかったし久しぶりに笑)

 

 

 

“ひ、ひ、左目が、、、”は、写真にひいてしまった、との声があったので、今回の写真は小さめに。
そんな小心者の京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにある接骨院・整体院の【みやもと鍼灸整骨院】院長の宮本です。

 

 

 

突然のケガは注意していても起こることがあります。
特に交通事故は誰にいつ起こるか分かりません。

 

昨年の交通事故件数は約50万件。
一日に約1370件も起こっている計算になります。

 

ここ京都府でも約8000件の交通事故が起こっていました。

 

 

自動車やバイクでの交通事故は減少傾向にありますが、自転車事故は増加していたり。
交通事故自体がなくなる日はまだまだ先の話のようです。
※京都府にお住まいの方、自転車の保険加入が来年4月から義務になりますよ~詳しくは“京都府では自転車保険への加入が義務になります”をタップしてご確認ください。

 

 

 

こちらの患者様は毎日通る道をバイクで通勤しておられました。

 

いつもどおりバイクで走っていると、前から曲がってくる車がありました。
見通しが悪い道ではありません。
でもその車は患者様のバイクに一切気が付きません。
気が付くことなく患者様のバイクにスピードを上げて突っ込んできました。

 

その車の運転手が患者様のバイクに気が付いたのは、すでにぶつかったあとだったそうです。

 

 

おかげで患者様は、足や肩、首を痛めて仕事をするのがツライ状態に。
これまでできていた生活が一変しました。
たった一度の交通事故によって。

 

 

病院に行ったけど、特になにもしてもらえず。
これではダメだと思い、当院へ来院してくださいました。

 

 

『交通事故で足、肩、首を痛めて、元の状態まで戻したいと思ってました。先生の人柄、時間の融通が利く、家から近い。完全に痛みは消え、元の状態まで戻りました』

江口龍二様 33歳 長岡京市 交通事故治療

京都の長岡京市、向日市にある西向日駅近くの整体院・接骨院のみやもと鍼灸整骨院では交通事故治療が受けられます。
急な交通事故にあうと腰痛やむち打ち症などが出現してしまいます。
後遺症を残さないためにも早めの治療が肝心です。
詳しくはこちらをタップしてご覧ください↓↓
“交通事故治療のページ”

LINEで送る
Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒617-0817 京都府長岡京市滝ノ町1-6-11
駐車場あり
京都信用金庫様より3軒となり。ご予約の際にお問い合わせください
電話番号0120-574-570 ※京都府内・受付時間内に限ります
075-202-2472 ※その他の方はこちらへお願いいたします
予約予約優先制とさせていただいております
休診日水曜午後・土曜午後
日曜・祝日・第3月曜